いらないコインと電子ゴミのJUNKを交換する企画、『JUNK 電子ゴミ交換プロジェクト』を実施します

投稿者: junk_admin 投稿日:

【お詫び】

想定よりもはるかに反響があり、あまりに多くのJUNKと交換すると価格崩壊の懸念が出てきましたので、今回のテスト運用を日本時間2018年9月30日一杯で締め切らせてください。内容を見直して後日再開します。申し訳ありませんがよろしくお願いします。

なんだかよくわからないうちに手に入れてたコインや、既に運営が解散してしまってどうしたらいいかわからなくなったコイン、買い板がずっとなくて処分に困ってるコインなどありませんか?

そんなコインと電子ゴミのJUNKと交換する企画、『JUNK 電子ゴミ交換プロジェクト』を実施します。

本格的に稼働するにはまだまだ試行錯誤が必要だと判断し、当面はテストも兼ねた運用をしていきたいと思います。

プロジェクト概要

  • プロジェクト名:JUNK 電子ゴミ交換プロジェクト
  • 実施期間:目標の交換枚数に到達するまで
    日本時間 2018/9/30(日)23:59まで
  • 交換用のJUNKの枚数:1億枚
    日本時間 2018/9/30(日)23:59までに申し込みいただいた枚数

また、交換時の注意点や条件は次の内容を確認の上、電子ゴミ交換の申し込みを行ってください。

  • 当面はwavesで発行された独自トークンのみを交換の対象とさせていただきます。
  • 不要なコイン1枚につき1JUNKと交換します。
  • 1人で複数の種類を交換することは可能ですが、1人あたり50万枚までとさせていただきます。( 何種類でもOKですが、交換対象とするコインの合計の枚数が50万枚まで )
  • 交換申し込みフォームに必要事項を記入していただき送信、運営側で確認できたものから順次交換します。
  • 交換していただくコインが、JUNK交換用アドレスに届いたのを確認後、送付を開始します。
  • 交換用のJUNKの枚数が0になった時点で終了
    日本時間 2018/10/1(月)0:00で終了
    となりますので、申し込みを行っても届かない場合があります。
  • 交換の枚数は基本的に同枚数とさせていただきます。ただし、「買い板がある状態でJUNKよりも価格が高いコインで、トレードも行われているコインと交換」される場合、運営側が確認した時点での直近の取引価格をベースに同じ価格分になる様枚数を調整して交換します。
  • Waves Client側でスキャムと判定されているものや、コイン名がURLになっている様なものに関しては交換の対象外とさせていただきます。

当面はテストも兼ねた運用になりますが、そのうちに専用のページも準備する予定です。
あまりにも反響が凄くて、自分の想定をはるかに超えてました。内容を見直して後日再開する予定です。

また、試行錯誤を重ねながら運用していく予定なので、内容が変更になる場合があります。予めご了承ください。

カテゴリー: 企画

Translate »