『Waves Client』及び『Wavesアプリ』の使い方

WavesWalletを取得

JUNKを購入するにはWavesの公式ウォレットである『WavesWallet』が必要になります。
パソコンからは「Waves Client」、スマホからは「Wavesアプリ」をダウンロードすることで、

ウォレットへの入金及び出金
・Waves DEX(分散型取引所)での通貨の取引

を行う事ができます。

Airdropの受け取りはWavesアドレスが必要なので参考にしてください。

Waves client で Wallet を作成

1.Waves Platformにアクセス
flow_pc_01

Waves Platformにアクセスした後、「Online Client(Beta)」をクリック。

2.「Get Started」をクリックしてアバターを選択
flow_pc_02

「Get Started」をクリックして新規アカウントを作成。

5つのアバターから自分の好きなものを選択。この時点でwavesアドレスが付与されます。

3.ユーザー名とパスワードを作成
flow_pc_04

アバターを選択したら

・ユーザーネーム
・パスワード

これらを設定して自分だけのウォレットを作成。

入力が終わったら「Continue」をクリック。

4.Walletのバックアップ
flow_pc_05

上記の画面が表示されたら必ず「Back Up Now」をクリックしてバックアップを取りましょう。

すると『Treat your backup phrase with care ! 』とポップアップが表示されるので、「 I Understand 」をクリック。

15個のの単語が出てくるので、必ずメモを取ってください。
※この単語は絶対他人に教えないようにしましょう。

メモをとったら「I’ve written it down」をクリック。

確認画面が出てくるので、先程メモを取った順番に単語をクリック。

全て選択したら「Confirm」をクリック。

5.確認画面にチェックを入れてウォレットの完成
flow_pc_10

3つのチェックボックスが出てくるので、画面のように上2つにチェックを入れたら「Confirm and Begin」をクリックしてウォレットの完成です。
※3つめのチェックは「開発者に匿名の利用統計を送信することにより、Wavesプラットフォームの改善を支援する」といった内容で、任意です。選択しなくてもウォレットの作成は可能です。

スマホの「Wavesアプリ」 で Wallet を作成

1.アプリをダウンロード

アプリストアで ” Waves “ と検索し『Waves Wallet』をダウンロード。

flow_sp_01

ダウンロードが完了したらアプリを開いて「Create New Wallet」をタップ。

2.セキュリティ管理に同意し、ウォレットを作成
flow_sp_02

セキュリティ管理に関する文章が表示されるので、「I understand」をタップして次の画面へ。

flow_sp_03

15個の単語が表示された「Wallet Seed」が表示されるので必ずメモしてください。「Wallet Seedは復元する際に必要な暗号キーになるので、他人には決して教えないでください。

Wallet Name」はあなたのウォレットの名前になるので、好きな名前を入力してください。

この後パスワード設定画面になるので、任意のパスワードを入力してください。

3.ウォレットアドレスの確認とバックアップ
flow_sp_04

ウォレットを作成したら、アドレスを確認しておきましょう。
アプリ右下の「More」から自分のWaves Walletアドレスを確認することができます。

また同じ画面に「Backup Wallet」または「Backup Wallet seed」という項目があるので、こちらからバックアップの設定を行いましょう。

flow_sp_05

パスワードの入力が求められるので、入力すると上記の画面が表示されます。
キーが再度15個表示されるのでスワイプして最後の単語まで確認し、「Check」をタップ。万が一ウォレット作成時点でメモを取り忘れても、ここでメモを取っておけば問題ありません。

flow_sp_06

「~番目の単語は何?」という項目が3つ出てくるので、メモの順番にある単語を入力して「Veryfy」をタップすればバックアップ完了です。

Translate »